So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ディズニーランドが、写真を撮りまくってOKな理由 [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


ブログ全盛の今、写真を撮ろうとするとストップをかけられる…


いたる所で、そんな経験のある人も多いのではないでしょうか?
しかし、ディズニーランドではその心配なし!


頼めば、キャストの方も笑顔で写真に参加してくれるんですよ。


①見られて困るものがない!?

ディズニーランドには、常に多くのカストーディアルという
清掃キャストがいて、園内をくまなくキレイにしています。


普通の遊園地と異なり、ポップコーンのカスが放置されることもありません。


また段ボールなどの「裏方」を思わせるモノが、
ゲストの目に触れる場所に置かれていることもなし。


徹底した清潔感、徹底した世界観…
ディズニーランドは、いつどこで撮られても困るものがないのです。


キャストの方の身だしなみも、厳格にルール化されているほど
いつ見ても美しく整っています。


いきなりカメラを向けられてもOKなんです。


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②プライベートな写真大歓迎の理由

そんな懐の広いディズニーランド、なぜ写真に寛容かというと、
それは「写真ほど優れた宣伝ツールはないから」だそうです。


たしかに、何であれ写真つきで紹介された記事をみると、
その魅力が非常に分かりやすいもの。


お食事1つとってもそうですよね。


ディズニーランドでは「どうぞたくさん撮って、広めてください!」
というのが信条というわけです。


ただし、アトラクションによっては安全のために撮影禁止となっていたり
フラッシュをたいた撮影がNGとなっていることもありますので、
ご注意くださいね!




スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

TDL30周年記念にちなんだ特別メニュー
http://bit.ly/12rCrPR


30年前から存在するアトラクション⑦
http://bit.ly/10PZyCi


30年前から存在するアトラクション⑥
http://bit.ly/11RD2zp


30年前から存在するアトラクション⑤
http://bit.ly/114NqSX


30年前から存在するアトラクション④
http://bit.ly/10gj6Dx


30年前から存在するアトラクション③
http://bit.ly/17TK4ow


30年前から存在するアトラクション②
http://bit.ly/12oHSzc


30年前から存在するアトラクション①
http://bit.ly/13BmXZ9


30周年を経ても、老朽化を感じさせないTDLの秘訣とは?
http://bit.ly/YUnjeQ


TDLを普通の人でも貸切できる!?
http://bit.ly/111JYCt




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

大学の学費

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。