So-net無料ブログ作成

シンデレラ城で結婚式ができる! [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


東京ディズニーランドのシンボルマークでもある、シンデレラ城。


見ただけでうっとりするあのお城は、世界でもTDLと、
本場フロリダの「マジック・キングダム」にしかないそうです。


①シンデレラ城の基本情報

シンデレラ城は、空に向かって尖った塔がたくさん立っていますが、
その数は実に29本。


1番高いところで地上51メートルあり、
シーのプロメテウス火山と同じ高さがあります。


ちなみに、てっぺんには、業務無線用のアンテナが設置されています。


2006年に耐震用の補強工事と、塗り替えがおこなわれた時には
シンデレラ城が見えない珍しい光景となっていました。


けれど、いかにも工事!ということを感じさせないために、
工事カバーにはディズニーキャラなどのデザインが描かれていたそうです。
さすが、夢の国ですね!


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②シンデレラ城で夢のウエディング!?

そんなシンデレラ城で、なんと結婚式が挙げられるという
夢のようなプログラムが、2012年3月からスタートしました。


1日1組限定で、料金は750万円。
招待客は50名までです。


指輪の交換や誓いの文句など、一通りのセレモニーをおこないます。
ゲストやキャストたちに祝福される、
人生でも忘れられない1日になりそうですね。


さらにその後、ディズニーランドホテルで披露宴もあります。
ミッキーたちがお祝いに駆けつけてくれるとのことで、
これで750万なら、妥当といえるのかもしれませんね。


申し込みは、東京ディズニーランドホテルの
ブライダルサロンで受付中です!




スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

30周年記念グッズはお早めに!
http://bit.ly/11bbEee


今はなき、思い出のアトラクション
http://bit.ly/18fABp3


開園当時から存在するショップとは?
http://bit.ly/191BQd5


ディズニーランド内の便利施設いろいろ
http://bit.ly/14tyfSb


ディズニーランドの緻密なタイムスケジュール
http://bit.ly/18fqIYE


ディズニーランドのポップコーンが人気の理由
http://bit.ly/10iCRXt


ディズニーランドで本当に起こった事件・事故!
http://bit.ly/10RWuph


ディズニーランドが、写真を撮りまくってOKな理由
http://bit.ly/13IgZsX


TDL30周年記念にちなんだ特別メニュー
http://bit.ly/12rCrPR


30年前から存在するアトラクション⑦
http://bit.ly/10PZyCi



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

30周年記念グッズはお早めに! [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


東京ディズニーランドにとって、
アニバーサリーイヤーとなる2013年。


グッズも、30周年記念のものが色々と登場しています。
中でも、もっとも高いのは30万円のネックレスです♪


①4℃とコラボのダイヤモンドネックレス!

ディズニー&4℃がコラボして作られたのが、
30万円のネックレス。しかも30個限定発売!


プラチナのチェーン、そしてペンダントトップの
ミッキーシェイプには、0.7カラットのダイヤが。


一部では、30周年だからもっと高額なグッズが
出てくると思われていたようですので、
これでも安価なのでしょうね…。


4月末までの予約申し込みで、その後に抽選がおこなわれるそうです。
購入できる人は、相当ラッキーかもしれませんね♪


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②30周年グッズの買占めがおこなわれている!?

今やネットオークションの時代。
少しでもプレミアがつきそうなものは、業者が買占め、
ネットなどで高く売るケースが多く見られます。


TDL30周年記念グッズも、そのご多分に漏れず、
一部の業者が買いあさっているのだとか…。


実際、まだ定価で売られているにも関わらず、
オークションなどでとんでもない高値がつけられていることも。


せっかくの夢の国の記念グッズが、食い物にされるのは
悲しいことですね。


ディズニーファンの皆さんは、グッズが手に入るうちに
なるべく早く公式からゲットしましょう!



スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

今はなき、思い出のアトラクション
http://bit.ly/18fABp3


開園当時から存在するショップとは?
http://bit.ly/191BQd5


ディズニーランド内の便利施設いろいろ
http://bit.ly/14tyfSb


ディズニーランドの緻密なタイムスケジュール
http://bit.ly/18fqIYE


ディズニーランドのポップコーンが人気の理由
http://bit.ly/10iCRXt


ディズニーランドで本当に起こった事件・事故!
http://bit.ly/10RWuph


ディズニーランドが、写真を撮りまくってOKな理由
http://bit.ly/13IgZsX


TDL30周年記念にちなんだ特別メニュー
http://bit.ly/12rCrPR


30年前から存在するアトラクション⑦
http://bit.ly/10PZyCi


30年前から存在するアトラクション⑥
http://bit.ly/11RD2zp




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

今はなき、思い出のアトラクション [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


「ディズニーランドは永遠に完成しない」とは、
ウォルト・ディズニー氏の言葉です。


つねに、より良いものへ、新しいものへと移り変わる中、
なつかしい、今はなきアトラクションの一部を振り返ってみましょう。


①シンデレラ城ミステリーツアー

ランドのシンボル、シンデレラ城でおこなわれていた
「ウォークスルー型」と呼ばれるアトラクションです。
案内役のキャスト共に、グループで歩いて行動しました。


ラスト、魔王との戦いでは、グループから1人のゲストが勇者に選ばれ
勝利すると「勇者のメダル」をゲットすることができました。
みんな、勇者に選ばれたくて仕方なかったものです。


開園から2年後の1986年7月にオープンし、
惜しまれつつ2006年の4月で終了となりました。
最後の4日間は、ツアー参加者全員にメダルが配られたそうですよ。


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②エターナル・シー

東京ディズニーランド、幻(?)のアトラクションです。
現在のシーを思わせる、海がテーマのシアターで、
大型スクリーンに海洋関係のフィルムを流していました。


1983年の開園当初にオープンし、1984年9月にはクローズ。
その後、3Dの「マジック・ジャーニー」へと変わりましたが、
こちらも約2年で終了しています。


次にできたのが「キャプテンEO」で、こちらはマイケルの死後、
現在もリバイバルされていますね。


ディズニーランド史上、もっとも早くクローズした「エターナル・シー」、
覚えている人はどれくらいいるのでしょうか?



スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

開園当時から存在するショップとは?
http://bit.ly/191BQd5


ディズニーランド内の便利施設いろいろ
http://bit.ly/14tyfSb


ディズニーランドの緻密なタイムスケジュール
http://bit.ly/18fqIYE


ディズニーランドのポップコーンが人気の理由
http://bit.ly/10iCRXt


ディズニーランドで本当に起こった事件・事故!
http://bit.ly/10RWuph


ディズニーランドが、写真を撮りまくってOKな理由
http://bit.ly/13IgZsX


TDL30周年記念にちなんだ特別メニュー
http://bit.ly/12rCrPR


30年前から存在するアトラクション⑦
http://bit.ly/10PZyCi


30年前から存在するアトラクション⑥
http://bit.ly/11RD2zp


30年前から存在するアトラクション⑤
http://bit.ly/114NqSX



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

開園当時から存在するショップとは? [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


ディズニーランドには、数多くのショップがありますが、
30年前のオープン当時から続くものは意外と少ないかもしれません。


ここでは、そんな歴史あるショップの一部をご紹介しましょう。


①ペイストリーパレス

ワールドバザールに、開園当時から続くお店です。
ビスケットやクッキーといった、焼き菓子が中心となっています。


当時は、実は「お菓子を焼いているレストラン」として開店。
インテリアとしてオーブンなども置かれていましたが、
1991年にショップとしてリニューアルしました。


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②サファリ・トレーディング・カンパニー

アドベンチャーランドのサファリエリアに、昔から続くショップです。
アフリカのサファリをモチーフとしたグッズが売られています。


同じエリアにある「アドベンチャーランド・バザール」も祝30年。
こちらでは、中南米や東南アジアの雑貨を扱っています。


③トレーディングポスト

ウエスタンランドにあるショップ。
ネイティブアメリカン風のアクセサリーなどが売られています。


④カメラセンター

写真の現像サービスをおこなっているショップです。


デジカメの普及にともなって、現在ではメモリーカードなども販売。
ディズニーのフォトスタンドなど、写真にまつわる商品を扱っています。


開園当時は、現在「ワールドバザール・コンフェクショナリー」のあたりに
ありましたが、2006年に移転しました。




スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

ディズニーランド内の便利施設いろいろ
http://bit.ly/14tyfSb


ディズニーランドの緻密なタイムスケジュール
http://bit.ly/18fqIYE


ディズニーランドのポップコーンが人気の理由
http://bit.ly/10iCRXt


ディズニーランドで本当に起こった事件・事故!
http://bit.ly/10RWuph


ディズニーランドが、写真を撮りまくってOKな理由
http://bit.ly/13IgZsX


TDL30周年記念にちなんだ特別メニュー
http://bit.ly/12rCrPR


30年前から存在するアトラクション⑦
http://bit.ly/10PZyCi


30年前から存在するアトラクション⑥
http://bit.ly/11RD2zp


30年前から存在するアトラクション⑤
http://bit.ly/114NqSX


30年前から存在するアトラクション④
http://bit.ly/10gj6Dx




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

ディズニーランド内の便利施設いろいろ [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


ディズニーランドには、アトラクションやレストラン、ショップのほかにも
さまざまな「便利コーナー」が設けられています。


①タバコの吸える場所

禁煙化が進む中、「家族みんなが楽しめる」をモットーとするTDLでは
しっかりと喫煙スペースを確保しています。


現在のランド内には、4か所に灰皿を用意。
いずれも歩道から離れた場所にあり、分煙に気づかっています。


しかし、実はオープン当時は、どこでもタバコが吸えたのです。
歩きタバコもOKという、今では信じられない時代でした。


今のように「喫煙所以外ではNG」となったのは1995年のことなんです。


②三井住友銀行

ワールドバザールには、三井住友銀行の出張所があります。
その名も「東京ディズニーランド出張所」。


ATMだけではなく有名人の窓口もあり、通常の銀行業務もおこなっています。
ちなみにATMは、日祝日も夜9時まで開いており、非常に便利です。


ちなみに、公共料金などをこの窓口で払うと、オリジナルスタンプが押されるため
わざわざ支払いのためにやってくるマニアもいるのだとか…。


ちなみに口座の開設などは、基本的に浦安市民のみとされています。


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


③メールボックス

パーク内には、いくつかポストが設置されています。


ここに郵便物を投函すると、ディズニーオリジナルのスタンプがつくため、
大切な人への手紙を持ってくる人も多いようです。


④各種ラウンジ

スポンサー企業などの特別ラウンジが、いたるところに隠されています。


たとえばキリンビールの「キリンラウンジ」や
「JCBラウンジ」「明治ラウンジ」「プリマハムラウンジ」「コカコーララウンジ」…
ほとんどが予約制で、使用できる人は限られています。


もっとも利用しやすいのは、保険契約の景品として用いられる
「第一生命ラウンジ」のようですよ。




スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

ディズニーランドの緻密なタイムスケジュール
http://bit.ly/18fqIYE


ディズニーランドのポップコーンが人気の理由
http://bit.ly/10iCRXt


ディズニーランドで本当に起こった事件・事故!
http://bit.ly/10RWuph


ディズニーランドが、写真を撮りまくってOKな理由
http://bit.ly/13IgZsX


TDL30周年記念にちなんだ特別メニュー
http://bit.ly/12rCrPR


30年前から存在するアトラクション⑦
http://bit.ly/10PZyCi


30年前から存在するアトラクション⑥
http://bit.ly/11RD2zp


30年前から存在するアトラクション⑤
http://bit.ly/114NqSX


30年前から存在するアトラクション④
http://bit.ly/10gj6Dx


30年前から存在するアトラクション③
http://bit.ly/17TK4ow




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

ディズニーランドの緻密なタイムスケジュール [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


テーマパークや遊園地、その他どんなレジャー施設でも、
売上を伸ばすには「ゲストの滞在時間を伸ばすこと」だといわれています。


すべてのレジャー施設のお手本ともいわれるディズニーランドには、
誰もが長時間滞在したくなるような工夫がいっぱいです。


①ショーやパレードのタイムスケジュール

たとえばディズニーランドでは、大体2時間おきに
パーク内のどこかでショーやパレードがおこなわれています。


「そろそろ飽きてきたかな」と感じる絶妙なタイミングで
イベントがおこなわれますので、「あれを見てから…」となるわけですね。


多くの遊園地では、数時間ごとにレンジャーショーなどがあっても
毎回同じ内容のことがほとんどですが、
ディズニーランドでは至る場所で異なるショーが開催されているため、
ゲストも「次はあっちのショー!」と駆け回ることができます。


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②繁忙期はお昼にショーが集中!?

ディズニーランドでは、特に混雑が予想される繁忙期に、
12時~14時台のショーが多くおこなわれるのも特徴です。


これはレストランに人が殺到するのを避けるためといわれています。
分散させるために、同じ時間帯にあちこちでショーが重なるのだそうです。


さらに、食事のタイミングを逃してしまったゲストが、
ワゴンの軽食をつまむという嬉しいオマケつき。


ディズニーランドにワゴンがたくさんあるのも、
レストランの一極集中を防ぐためなのでしょうね。


色んな意味で、集客にはぬかりなしのディズニーランドでした。



スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

ディズニーランドのポップコーンが人気の理由
http://bit.ly/10iCRXt


ディズニーランドで本当に起こった事件・事故!
http://bit.ly/10RWuph


ディズニーランドが、写真を撮りまくってOKな理由
http://bit.ly/13IgZsX


TDL30周年記念にちなんだ特別メニュー
http://bit.ly/12rCrPR


30年前から存在するアトラクション⑦
http://bit.ly/10PZyCi


30年前から存在するアトラクション⑥
http://bit.ly/11RD2zp


30年前から存在するアトラクション⑤
http://bit.ly/114NqSX


30年前から存在するアトラクション④
http://bit.ly/10gj6Dx


30年前から存在するアトラクション③
http://bit.ly/17TK4ow


30年前から存在するアトラクション②
http://bit.ly/12oHSzc




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

ディズニーランドのポップコーンが人気の理由 [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


ディズニーランドの名物といえば、
ワゴンで売っているポップコーン!


ポップコーン自体は別に珍しいものでもないのに、
なぜディズニーリゾートでは、今でもこんなに人気なのでしょうか?


①つねにアツアツの出来立て!

人気の大きな理由の1つが、その場でポップコーンを作っているということ。


大体、遊園地で売られているポップコーンといえば、
すでに作られたものを温めて置いてあるのですが、
ディズニーランドのワゴンでは、作りたてを提供しています。


これは閉園間際になっても同じで、決して「作り置き」をしないのです。
ポップコーンは、時間がたつにつれてシケって、味も確実に落ちるもの。


いつでもアツアツの出来立てを提供していることこそが、
人気の最大の理由といえるでしょう。


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②豊富な味に、可愛い入れ物!

さらに、ディズニーランド&シーで売られているポップコーンは、
そのフレーバーも他に比べると格段にバラエティ豊か。


定番のソルトはもちろん、カレー、ハニー、しょうゆバター、キャラメル、
ミルクティー、ストロベリーなどなど。


さらにランドとシーでは種類も異なり、シーのほうが、数が豊富なようです。


そして、首からぶら下げられる、可愛いバケットも人気を後押し。
つねにデザインも変わりますので、行くたびに購入して
お家でコレクションする人も多いようですね。


ポップコーン1つをこんなに成功させたレジャー施設も、
ディズニーリゾートだけかもしれません。




スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

ディズニーランドで本当に起こった事件・事故!
http://bit.ly/10RWuph


ディズニーランドが、写真を撮りまくってOKな理由
http://bit.ly/13IgZsX


TDL30周年記念にちなんだ特別メニュー
http://bit.ly/12rCrPR


30年前から存在するアトラクション⑦
http://bit.ly/10PZyCi


30年前から存在するアトラクション⑥
http://bit.ly/11RD2zp


30年前から存在するアトラクション⑤
http://bit.ly/114NqSX


30年前から存在するアトラクション④
http://bit.ly/10gj6Dx


30年前から存在するアトラクション③
http://bit.ly/17TK4ow


30年前から存在するアトラクション②
http://bit.ly/12oHSzc


30年前から存在するアトラクション①
http://bit.ly/13BmXZ9



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

ディズニーランドで本当に起こった事件・事故! [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


ディズニーランドには、さまざまな都市伝説が存在しますが、
その中には事件・事故がらみのものもありますよね。


ここでは、実際に起こったアクシデントをご紹介したいと思います。


①トム・ソーヤ島での重傷事故!

それは1983年4月、つまりディズニーランドがオープンしたてのころ。
トム・ソーヤ等の岩場から、幼児が転落し、頭がい骨を骨折するという
重傷事故が起こりました。


その後も、この岩場では同様の事故が続いたため、改修が重ねられたそうです。



続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②初の死亡事故は駐車場!

ディズニーランド初の死亡事故は、アトラクションではなく、駐車場でした。
1984年3月、3歳の幼児が観光バスにひかれて死亡。
痛ましい事故が起きてしまいました。


そんな背景があってか、ディズニーランドの駐車場では
バックによる駐車はなく、かならず頭から入れるようになっています。


③集団万引き事件!

2007年5月、修学旅行でTDLを訪れた大阪府の某市立中学校の
男子生徒15人が、ショップなどで集団万引きをしました。


その後は学校側から謝罪と、商品の返品がおこなわれ、
TDLからは特に被害届は出されなかったようです。


その市立中学校は、今も変わらず修学旅行のルートに
TDLを組み込んでいるようですので、一安心(?)ですね。


きっと学校からも、厳しい教育がおこなわれているものと思われます…。




スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

ディズニーランドが、写真を撮りまくってOKな理由
http://bit.ly/13IgZsX


TDL30周年記念にちなんだ特別メニュー
http://bit.ly/12rCrPR


30年前から存在するアトラクション⑦
http://bit.ly/10PZyCi


30年前から存在するアトラクション⑥
http://bit.ly/11RD2zp


30年前から存在するアトラクション⑤
http://bit.ly/114NqSX


30年前から存在するアトラクション④
http://bit.ly/10gj6Dx


30年前から存在するアトラクション③
http://bit.ly/17TK4ow


30年前から存在するアトラクション②
http://bit.ly/12oHSzc


30年前から存在するアトラクション①
http://bit.ly/13BmXZ9


30周年を経ても、老朽化を感じさせないTDLの秘訣とは?
http://bit.ly/YUnjeQ




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

ディズニーランドが、写真を撮りまくってOKな理由 [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


ブログ全盛の今、写真を撮ろうとするとストップをかけられる…


いたる所で、そんな経験のある人も多いのではないでしょうか?
しかし、ディズニーランドではその心配なし!


頼めば、キャストの方も笑顔で写真に参加してくれるんですよ。


①見られて困るものがない!?

ディズニーランドには、常に多くのカストーディアルという
清掃キャストがいて、園内をくまなくキレイにしています。


普通の遊園地と異なり、ポップコーンのカスが放置されることもありません。


また段ボールなどの「裏方」を思わせるモノが、
ゲストの目に触れる場所に置かれていることもなし。


徹底した清潔感、徹底した世界観…
ディズニーランドは、いつどこで撮られても困るものがないのです。


キャストの方の身だしなみも、厳格にルール化されているほど
いつ見ても美しく整っています。


いきなりカメラを向けられてもOKなんです。


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②プライベートな写真大歓迎の理由

そんな懐の広いディズニーランド、なぜ写真に寛容かというと、
それは「写真ほど優れた宣伝ツールはないから」だそうです。


たしかに、何であれ写真つきで紹介された記事をみると、
その魅力が非常に分かりやすいもの。


お食事1つとってもそうですよね。


ディズニーランドでは「どうぞたくさん撮って、広めてください!」
というのが信条というわけです。


ただし、アトラクションによっては安全のために撮影禁止となっていたり
フラッシュをたいた撮影がNGとなっていることもありますので、
ご注意くださいね!




スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

TDL30周年記念にちなんだ特別メニュー
http://bit.ly/12rCrPR


30年前から存在するアトラクション⑦
http://bit.ly/10PZyCi


30年前から存在するアトラクション⑥
http://bit.ly/11RD2zp


30年前から存在するアトラクション⑤
http://bit.ly/114NqSX


30年前から存在するアトラクション④
http://bit.ly/10gj6Dx


30年前から存在するアトラクション③
http://bit.ly/17TK4ow


30年前から存在するアトラクション②
http://bit.ly/12oHSzc


30年前から存在するアトラクション①
http://bit.ly/13BmXZ9


30周年を経ても、老朽化を感じさせないTDLの秘訣とは?
http://bit.ly/YUnjeQ


TDLを普通の人でも貸切できる!?
http://bit.ly/111JYCt




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

TDL30周年記念にちなんだ特別メニュー [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


2013年は、東京ディズニーランドにとって記念すべき年。
1983年の開園から、30周年を迎えました。


アニバーサリーイベントやグッズなどで盛り上がる中、
パーク内のレストランでも、特別メニューが登場しています。


①30種類のスパイスを使ったカレー!

ウエスタンランドにある「ハングリー・ベア・レストラン」で
味わえるのが、期間限定のスパイスカレーです。


その名も「30種のスパイス・ラージカレー 
ソーセージとフライドポテトのチーズソース添え」。
何だか、ものすごく美味しそうですね。


一味唐辛子や黒こしょう、オレガノ、シナモン、タイム、
ターメリック、陳皮など、世界各国の香辛料が使われています。


期間は2014年3月20日まで。お値段は980円です。


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②30周年アニバーサリーケーキ

デザートにも、30周年記念の特別メニューが登場しています。


直径約12センチのショートケーキで、1個980円。
家族やお友達と分け合うのに、ちょうど良いサイズです。


ホイップクリームとチョコレートで、お祝いのリボンを表現。
見た目もとても可愛いので、ディズニーランドに行った際は
ぜひ食べてみたいですね。


クイーン・オブ・ハートのバンケットホールでは2014年の3月20日まで、
センターストリート・コーヒーハウスでは2013年の9月2日まで
販売されています。


その他のレストランでも、スペシャルメニューが用意されていますよ。




スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

30年前から存在するアトラクション⑦
http://bit.ly/10PZyCi


30年前から存在するアトラクション⑥
http://bit.ly/11RD2zp


30年前から存在するアトラクション⑤
http://bit.ly/114NqSX


30年前から存在するアトラクション④
http://bit.ly/10gj6Dx


30年前から存在するアトラクション③
http://bit.ly/17TK4ow


30年前から存在するアトラクション②
http://bit.ly/12oHSzc


30年前から存在するアトラクション①
http://bit.ly/13BmXZ9


30周年を経ても、老朽化を感じさせないTDLの秘訣とは?
http://bit.ly/YUnjeQ


TDLを普通の人でも貸切できる!?
http://bit.ly/111JYCt


誕生日限定!ディズニーランドをお得に楽しもう
http://bit.ly/Z15yNp




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター
大学の学費

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。