So-net無料ブログ作成
検索選択

ディズニーシーは動物園になる予定だった!? [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


2001年にオープンした、東京ディズニーシー。


実は、アメリカディズニー社は、シーではなく
「アニマルキングダム」のようなものを
企画していたのをご存知ですか?


①生きたイグアナまで送られてきた!?

具体的には、ペンギンやイグアナ、そして蝶々や鳥など
さまざまな生き物たちを集めるといった内容でした。


しかし日本のディズニー社が猛反対。
たしかに動物園は日本人も大好きですが、
ディズニーのパークとしては違和感がぬぐえなかったのかもしれません。


お互いに一歩も引かず、揉めに揉める中、
アメリカのディズニー社は説得のために
イグアナを送ってきたこともあったとか。


しかし結局は、日本人の喜ぶツボを知っている日本側の主張が通り、
シーが建設されることとなったのでした。


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②アニマルキングダムってどんなところ?

実際、本場アメリカのフロリダ州にあるディズニーワールドリゾートには、
「アニマルキングダム」というパークがあります。


テーマは「野生動物の保護」で、1998年に開園。
そう考えると、ちょうどシーの構想が出るあたりに、
既にアメリカのほうで建設が始まっていたのでしょうね。


「アニマルキングダム」は、さながら動物園+ディズニーランドという感じ。
野生動物の暮らすジャングルなどのエリアと、アトラクションが混在する
不思議なテーマパークとなっています。


パークの中央には島があり、5つの橋で他のエリアとつながっているので
構造的にもシーと似ているのだそうです。


たしかに日本人も動物は大好きなのですが…
ディズニーのパークとしては、ちょっと異質な感じがするかもしれませんね。



スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

イッツアスモールワールドは、万博の出し物だった!?
http://bit.ly/ZlTs1z


不思議の国のアリスが支離滅裂な理由とは?
http://bit.ly/11aXDHz


祝30周年!新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」
http://bit.ly/11aW7oD


ミニーマウスに関するトリビア
http://bit.ly/10TtJbW


ディズニーランドに入れないファッションがある?
http://bit.ly/183s7UF


ディズニーランドに芸能人が行ったらどうなる!?
http://bit.ly/Zd6jDa


ディズニーランドに何度でも行きたくなる理由
http://bit.ly/11aNUkl


ディズニーランドに隠された物語とは?
http://bit.ly/11aNafd


ディズニーシーにはミッキーがいなかった!?
http://bit.ly/11beIHd


シンデレラ城で結婚式ができる!
http://bit.ly/193LkUV




イッツアスモールワールドは、万博の出し物だった!? [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


ディズニーランドの中でも、長い間人気を集めている
アトラクションの1つが、「イッツアスモールワールド」。


世界各国のお人形が踊る、
まさに夢の世界という感じですよね。


このアトラクションは、実はもともと万博出身なのです。


①パビリオンとして誕生!

もともと「イッツアスモールワールド」は、1964年に
ニューヨークで開催された「世界博覧会」で公開されたもの。


ユニセフが、ペプシコーラの提供を受けてパビリオンを出展。
その案を求めに、ディズニー社を頼ったところ、
「イッツアスモールワールド」が誕生したのでした。


その後、契約に基づき、ディズニーランドに移設。
いくつか変更・修正はあったようですが、
前身は間違いなく、万博での出し物だったのです。


ユニセフの出展ということで、
「平和な世界」「子どもたち」をテーマに
作られたのが、イッツアスモールワールドなのですね。


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②子どもたちは平和そのもの

なぜ子どもたちと世界平和が結びついたかというと、
「子どもたちは、人種や言葉の違いがあってもすぐに友達になれるし、
ケンカしてもすぐに仲直りできるから」だそうです。


それはまさに、大人が見習うべき、世界の理想像であると
ディズニーは考えました。


ちなみに、最初この万博についての相談がきた時、
ディズニー社はただでさえ忙しかったため、
あまり乗り気ではなかったようです。


しかし、それを知ったウォルト・ディズニーは激怒。
つねにチャレンジを忘れないウォルトは、
どんな申し出にも知恵を絞ることをモットーとしていたそうです。


そんな彼の情熱がなかったら、あのアトラクションはなかったのでしょう。



スポンサーリンク








【ディズニーfanのオススメ記事】

不思議の国のアリスが支離滅裂な理由とは?
http://bit.ly/11aXDHz


祝30周年!新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」
http://bit.ly/11aW7oD


ミニーマウスに関するトリビア
http://bit.ly/10TtJbW


ディズニーランドに入れないファッションがある?
http://bit.ly/183s7UF


ディズニーランドに芸能人が行ったらどうなる!?
http://bit.ly/Zd6jDa


ディズニーランドに何度でも行きたくなる理由
http://bit.ly/11aNUkl


ディズニーランドに隠された物語とは?
http://bit.ly/11aNafd


ディズニーシーにはミッキーがいなかった!?
http://bit.ly/11beIHd


シンデレラ城で結婚式ができる!
http://bit.ly/193LkUV


30周年記念グッズはお早めに!
http://bit.ly/11bbEee




不思議の国のアリスが支離滅裂な理由とは? [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


ディズニー映画でも大人気の「不思議の国のアリス」。
映画が公開されたのは、今から半世紀以上も前の
1951年だったというのですから、ビックリですね。


しかもウォルト・ディズニーは1930年代ごろから
既に、アリスの映画化を考えていたそうです。


①アリスの話、理解できる!?

アリスは、大人の女性たちにも大人気。
可愛い絵柄や、独特の世界観が魅力的です。


でも、よく考えるとタイトル通り、不思議なお話ですよね?
大人になって改めて観ても、まるで夢の中の話みたいに
チンプンカンプンだったりしませんか?


「不思議の国のアリス」は、ルイス・キャロルの小説。
キャロルはもともと作家ではなく、数学者でした。


交流のあった、リデル家の3人の少女たちと
ボート遊びをするのが日課でしたが、
そこで少女たちから物語をせがまれたのが、
アリス誕生のきっかけです。


せがまれるままに、即興で考えて語り聞かせた話なので、
夢のように支離滅裂なのかもしれませんね。


それでいて学者らしく、「チェス」や「言葉遊び」といった
規則的な要素も取り込まれています。



続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②原作とディズニー映画の違い

ディズニーのアリスと、キャロルの原作とでは
いくつかの違いがあります。


まず、ディズニー映画では、「不思議の国」だけではなく
続編である「鏡の国」の設定も入っているということ。


たとえば、太った双子の
トゥイードル・ディーとトゥイードル・ダムは、
鏡の国の登場人物です。


ちなみに、鏡の国で有名なタマゴのキャラクターである
「ハンプティ・ダンプティ」は、ディズニー映画には登場しませんね。


また、映画に出てくる「ハートの女王」は、
不思議の国のハートの女王+鏡の国の赤の女王を
足したような感じで描かれています。


ほうき犬は、ディズニー映画オリジナルのキャラですよ♪




スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

祝30周年!新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」
http://bit.ly/11aW7oD


ミニーマウスに関するトリビア
http://bit.ly/10TtJbW


ディズニーランドに入れないファッションがある?
http://bit.ly/183s7UF


ディズニーランドに芸能人が行ったらどうなる!?
http://bit.ly/Zd6jDa


ディズニーランドに何度でも行きたくなる理由
http://bit.ly/11aNUkl


ディズニーランドに隠された物語とは?
http://bit.ly/11aNafd


ディズニーシーにはミッキーがいなかった!?
http://bit.ly/11beIHd


シンデレラ城で結婚式ができる!
http://bit.ly/193LkUV


30周年記念グッズはお早めに!
http://bit.ly/11bbEee


今はなき、思い出のアトラクション
http://bit.ly/18fABp3



祝30周年!新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」 [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


2013年4月15日は、
東京ディズニーランドにとって特別な日でしたね。


1983年の開園から、ちょうど30周年を迎えました。
この日から始まった、新しいデイパレードが
全長500メートルの「ハピネス・イズ・ヒア」です。


①ラプンツェルが初登場!

今回のパレードは、いつにもまして豪華。
先頭を切るグーフィーに始まり、
ディズニーキャラ総出演で、7つの物語を演出します。


その中でも、パレード初登場となるのが、
「塔の上のラプンツェル」のヒロイン、ラプンツェルです。
長い長い魔法の髪の毛をもった彼女は、
白馬にまたがって登場します。


映画と同じく、ラベンダー色のドレスに身を包んでいますので、
パレード鑑賞の際にはぜひチェックしてみてください。



続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②7つのテーマを味わおう

「ハピネス・イズ・ヒア」では、7つの物語ごとに
コンセプトが設定されています。


たとえば「友情」「夢」「不思議」「願い」「美しさ」…。
そして、それぞれにふさわしいフロートが登場します。


「友情」では、リロ&スティッチやトイストーリー。
友情を描いた作品ですよね。


「不思議」では、もちろんアリス。
巨大なハートの女王や、トランプの兵士たちが圧巻です。


「美しさ」では、ディズニーのプリンセスたちが登場。
ラプンツェルも、ここで出てきますよ。


それぞれのテーマがどんな世界を演出しているのかを
考えながら、パレードを楽しんでみてください。




スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

ミニーマウスに関するトリビア
http://bit.ly/10TtJbW


ディズニーランドに入れないファッションがある?
http://bit.ly/183s7UF


ディズニーランドに芸能人が行ったらどうなる!?
http://bit.ly/Zd6jDa


ディズニーランドに何度でも行きたくなる理由
http://bit.ly/11aNUkl


ディズニーランドに隠された物語とは?
http://bit.ly/11aNafd


ディズニーシーにはミッキーがいなかった!?
http://bit.ly/11beIHd


シンデレラ城で結婚式ができる!
http://bit.ly/193LkUV


30周年記念グッズはお早めに!
http://bit.ly/11bbEee


今はなき、思い出のアトラクション
http://bit.ly/18fABp3


開園当時から存在するショップとは?
http://bit.ly/191BQd5



ミニーマウスに関するトリビア [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


ミッキーとともに、ディズニーの代表的アイドルといえば
大きなリボンが特徴的なミニーマウス!ですよね。


実は知っているようで知らなかった、
ミニーのトリビアをご紹介します。


①ミニーマウス基本情報

ミニーは、ミッキーと同じく
1928年の「蒸気船ウィリー」というショートムービーで
デビューを飾りました。


しかも、その時の声優はミッキーと同じ、
ウォルト・ディズニーその人。


現在では、女の声優さんが担当していますが、
当時の声も気になりますね。


そんなミニーは、ミッキーと同じく孤児という設定。
オシャレが好きで、心優しくも気の強い、
しっかり者の女の子です。


犬と猫をペットとして飼っており、
それぞれフィフィとフィガロという名前です。


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②ミニーグッズはハイセンス!

オシャレが大好きなミニーには、グッズも数多く、
サマンサタバサのバッグからストッキングまで、
さまざまなオシャレアイテムがそろっています。


しかも2013年には、東京ランウェイ(春・夏)において
ミニーにインスパイアされたファッションが登場!


なんと、ミニー本人もランウェイを歩きました。
まさにディズニーのオシャレ番長といえるでしょう。


そんなミニーグッズには専門サイトもありますので、
気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。




スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

ディズニーランドに入れないファッションがある?
http://bit.ly/183s7UF


ディズニーランドに芸能人が行ったらどうなる!?
http://bit.ly/Zd6jDa


ディズニーランドに何度でも行きたくなる理由
http://bit.ly/11aNUkl


ディズニーランドに隠された物語とは?
http://bit.ly/11aNafd


ディズニーシーにはミッキーがいなかった!?
http://bit.ly/11beIHd


シンデレラ城で結婚式ができる!
http://bit.ly/193LkUV


30周年記念グッズはお早めに!
http://bit.ly/11bbEee


今はなき、思い出のアトラクション
http://bit.ly/18fABp3


開園当時から存在するショップとは?
http://bit.ly/191BQd5


ディズニーランド内の便利施設いろいろ
http://bit.ly/14tyfSb



ディズニーランドに入れないファッションがある? [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


ディズニーランドは、服装によって
入場をお断りされることがあるのをご存知ですか?


以下にNGファッションを挙げてみます。


1.学校の制服(例外あり)

原則として、学校の制服での入場は好ましくないと
されているようです。


ただし、これはアメリカディズニー社の考えによるもので、
日本の制服文化は特殊なため、黙認はされているとのこと。


修学旅行でも、ディズニーランドだけは私服でOKだった
人は多いのではないでしょうか?

学校帰りの人も、できれば私服に着替えてから行きましょう!



続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


2.まぎらわしいコスプレ

ディズニーキャラでも、それ以外のキャラでも、
着ぐるみやコスプレは基本的にNGとされています。


キャストだと思われて囲まれてしまったり、
新しいキャラか何かだと勘違いされることがあるからでしょうね。


ただし、子どもの場合は大丈夫とのこと。
大人は、仮装のイベント時のみOKです。


3.暴走族ファッション

モヒカン刈りや、特攻服のような暴走族ファッションは、
たとえチケットをもっていても入場を断られるそうです。


実際にそのシーンを見たことがないのですが、
やはり夢の国のイメージをぶち壊してしまうからでしょう…。


普通の人には、まず問題ないかと思いますが、
ディズニーランドを訪れる際は気をつけてくださいね!



スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

ディズニーランドに芸能人が行ったらどうなる!?
http://bit.ly/Zd6jDa


ディズニーランドに何度でも行きたくなる理由
http://bit.ly/11aNUkl


ディズニーランドに隠された物語とは?
http://bit.ly/11aNafd


ディズニーシーにはミッキーがいなかった!?
http://bit.ly/11beIHd


シンデレラ城で結婚式ができる!
http://bit.ly/193LkUV


30周年記念グッズはお早めに!
http://bit.ly/11bbEee


今はなき、思い出のアトラクション
http://bit.ly/18fABp3


開園当時から存在するショップとは?
http://bit.ly/191BQd5


ディズニーランド内の便利施設いろいろ
http://bit.ly/14tyfSb


ディズニーランドの緻密なタイムスケジュール
http://bit.ly/18fqIYE




ディズニーランドに芸能人が行ったらどうなる!? [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


もしもディズニーランドに人気の芸能人が行った場合、
VIP扱いなど、何か特別な措置はあるのでしょうか?
気になるそのへんをリサーチしてみました!


①プライベートでは、特別待遇なし!?

基本的に、完全なプライベートで行く分には、
特にVIP待遇はないことが多いようです。


ディズニーランドがVIPとして認定するのは、
芸能人ではなく、各国の首脳陣といった要人や、
皇族・王族などのロイヤルな方々。


彼らには、もちろんセキュリティが必要ですので、
仕方ないといえるでしょう。


芸能人の場合は、お忍びで行ってもバレてしまって、
人だかりができてしまった場合などは、
やはりキャストの方が対応するようです。


囲まれてしまった芸能人が、
別ルートから乗り物に乗る姿を見た人は、けっこういます。



続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②バレなければそれが1番!?

これまでにタレントさんがテレビで紹介していた話にも、
ディズニーランドに行った時のエピソードは色々あります。


たとえばダウンタウンの松本人志さんが行った時には、
周りにバレてしまったために、キャストの方が気を利かせて
別ルートでアトラクションにご案内したそうです。


逆に、SMAPの中居正広さんは、甥や姪たちと
あくまでフツーに楽しんだとか!?


その時の状況にもよるのでしょうが、
バレさえしなければ、普通にパーク内で楽しむ
タレントさんたちが多いようです。


彼らも、本当は普通に楽しみたいけれど、
騒ぎになって仕方なく別ルートに通されるのがほとんどですので、
もしそんな光景を見つけても、ズルいと思わないであげてくださいね!




スポンサーリンク







ディズニーfanのオススメ記事】

ディズニーランドに何度でも行きたくなる理由
http://bit.ly/11aNUkl


ディズニーランドに隠された物語とは?
http://bit.ly/11aNafd


ディズニーシーにはミッキーがいなかった!?
http://bit.ly/11beIHd


シンデレラ城で結婚式ができる!
http://bit.ly/193LkUV


30周年記念グッズはお早めに!
http://bit.ly/11bbEee


今はなき、思い出のアトラクション
http://bit.ly/18fABp3


開園当時から存在するショップとは?
http://bit.ly/191BQd5


ディズニーランド内の便利施設いろいろ
http://bit.ly/14tyfSb


ディズニーランドの緻密なタイムスケジュール
http://bit.ly/18fqIYE


ディズニーランドのポップコーンが人気の理由
http://bit.ly/10iCRXt




ディズニーランドに何度でも行きたくなる理由 [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


ディズニーランドはただ楽しいだけではありません。
その徹底された世界観や、プロ意識の高いキャストたちが
人気の本当の秘密といえるのかもしれません。


キャストの9割がアルバイトという中で、
あれだけの質のサービスをおこなえるディズニーランドは
やっぱり偉大です!


①人ができることは人がやる!

パーク内では、基本的に「人の手でできることは人の手で」が原則。
ですから、自動販売機も長らく置かれていませんでしたし、
チケットを買うのも、すべてキャストの手からです。


自動販売機は、ディズニーの信念には反するものなのですが、
最近の猛暑で、水分補給が間に合わないことのないようにと、
致し方なく設置したようです。


どんなに効率的で便利だとしても、人と人とのコミュニケーションに
勝る感動はない、というのがディズニーの考えなのです。


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


たしかに、私たちが何度でも訪れたくなるのは、
アトラクションが楽しいから、というだけではなく、
キャストの皆さんの優しい笑顔や親切さに
触れたいから、という理由もありそうですよね。


②夢の国からは空と森しか見えない

一歩インパークしたら、そこは別世界であるべき-
それがディズニーランドの基本概念です。


ですから、外の風景が見える観覧車だけはありませんし、
周囲にあるホテルも、高さを12階までに制限されています。


それ以上になってしまうと、パーク内から見えるからです。


北海道の広大な土地ならともかく、
千葉県の片隅で、余計なものが視界に入ってこないというのは


完璧な計算の上に設計されたからに他なりません。
安心して夢を預けることができる、それがディズニーランドなのです。



スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

ディズニーランドに隠された物語とは?
http://bit.ly/11aNafd


ディズニーシーにはミッキーがいなかった!?
http://bit.ly/11beIHd


シンデレラ城で結婚式ができる!
http://bit.ly/193LkUV


30周年記念グッズはお早めに!
http://bit.ly/11bbEee


今はなき、思い出のアトラクション
http://bit.ly/18fABp3


開園当時から存在するショップとは?
http://bit.ly/191BQd5


ディズニーランド内の便利施設いろいろ
http://bit.ly/14tyfSb


ディズニーランドの緻密なタイムスケジュール
http://bit.ly/18fqIYE


ディズニーランドのポップコーンが人気の理由
http://bit.ly/10iCRXt


ディズニーランドで本当に起こった事件・事故!
http://bit.ly/10RWuph



ディズニーランドに隠された物語とは? [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


東京ディズニーランド&シーには、エリアごとに
バックグラウンドストーリー」があるのをご存知ですか?


事前にお勉強してから遊びに行くと、
新たな発見と感動があるかもしれませんね♪


①ノスタルジックなワールドバザール

たとえば、ランドに足を踏み入れて、まず歩くのが
さまざまなショップが立ち並ぶ「ワールドバザール」。


ここは単なるショッピングストリートではなく、
ウォルト・ディズニーが幼少時代を過ごしたミズーリ州の
マーセリンという街がモデルになっています。


時代としては、20世紀初めごろですね。


さらに各ショップにもバックグラウンドストーリーがあります。
たとえばランド内でもっとも大きなショップである
「グランドエンポーリアム」は、ミッキーが作ったお店。


最初は小さな雑貨店から始まったのが、
ミニーやドナルドなど仲間たちの協力のおかげで
大きな百貨店になった、というストーリーがあります。


お店の中を見渡してみると、その印が色々と見つかりますよ♪


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②バックグラウンドストーリーのDVD!

ディズニーリゾートのバックグラウンドストーリーを集めた
DVDも発売されています。


その名も「ディスカバー東京ディズニーリゾート スーパーストーリー」。


ランド&シーのコンセプトや、各エリアの背景にある物語を、
映像と音声で紹介しています。


遊びに行く前にこのDVDでお勉強すれば、
よりいっそう楽しめること間違いなしですね!


ちなみに、パーク内で流れている音楽を集めたCDも
色々と発売されていますよ♪



スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

ディズニーシーにはミッキーがいなかった!?
http://bit.ly/11beIHd


シンデレラ城で結婚式ができる!
http://bit.ly/193LkUV


30周年記念グッズはお早めに!
http://bit.ly/11bbEee


今はなき、思い出のアトラクション
http://bit.ly/18fABp3


開園当時から存在するショップとは?
http://bit.ly/191BQd5


ディズニーランド内の便利施設いろいろ
http://bit.ly/14tyfSb


ディズニーランドの緻密なタイムスケジュール
http://bit.ly/18fqIYE


ディズニーランドのポップコーンが人気の理由
http://bit.ly/10iCRXt


ディズニーランドで本当に起こった事件・事故!
http://bit.ly/10RWuph


ディズニーランドが、写真を撮りまくってOKな理由
http://bit.ly/13IgZsX



ディズニーシーにはミッキーがいなかった!? [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


2001年にオープンしたディズニーシー。


コンセプトから風景まで、ランドと比べると
大人っぽいイメージがありますが、
開園当初はディズニーキャラの露出もかなり少なかったそうです。


ミッキーはどこ!?

しっとりした港町の風景は、大人のデートスポットにもぴったり。
アトラクションの数も、ランドと比べると少ないシーは、
最初から「ランドとは一線を画したテーマパーク」として始まりました。


ランドでは、キャラクターたちが迎えてくれる
グリーティングがありますが、シーではそれがなかったのです。


シアターでおこなわれていたショーにも、
ディズニーキャラが一切出演していなかったほどでした。


しかし、気付けばシーの集客数は予想を下回ってしまい、
テコ入れとしてキャラたちを投入!


今では、ランドに劣らない人気を博しています。
やっぱり、ミッキーたちの力は偉大なんですね…。


続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


映画スタジオ施設が作られる予定だった!?

さて、そんな東京ディズニーシー。
建設の話が持ち上がった当初は、シーではなく、
ディズニー映画のスタジオ系の施設が作られる構想があったようです。


これは、本場のフロリダ州や、フランスのパリにもある施設で、
ユニバーサル・スタジオのようなイメージですね。


しかし、日本人は映画にあまりなじみがない(!?)との
理由から、構想は断念され、シーが建設されることに。


でも、今なら映画のテーマパークができても、
十分人気が出そうな気がしますよね…!?



スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

シンデレラ城で結婚式ができる!
http://bit.ly/193LkUV


30周年記念グッズはお早めに!
http://bit.ly/11bbEee


今はなき、思い出のアトラクション
http://bit.ly/18fABp3


開園当時から存在するショップとは?
http://bit.ly/191BQd5


ディズニーランド内の便利施設いろいろ
http://bit.ly/14tyfSb


ディズニーランドの緻密なタイムスケジュール
http://bit.ly/18fqIYE


ディズニーランドのポップコーンが人気の理由
http://bit.ly/10iCRXt


ディズニーランドで本当に起こった事件・事故!
http://bit.ly/10RWuph


ディズニーランドが、写真を撮りまくってOKな理由
http://bit.ly/13IgZsX


TDL30周年記念にちなんだ特別メニュー
http://bit.ly/12rCrPR




大学の学費

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。