So-net無料ブログ作成
検索選択

不思議の国のアリスが支離滅裂な理由とは? [ディズニー]

スポンサーリンク







本文はここから♪
↓↓↓↓↓


ディズニー映画でも大人気の「不思議の国のアリス」。
映画が公開されたのは、今から半世紀以上も前の
1951年だったというのですから、ビックリですね。


しかもウォルト・ディズニーは1930年代ごろから
既に、アリスの映画化を考えていたそうです。


①アリスの話、理解できる!?

アリスは、大人の女性たちにも大人気。
可愛い絵柄や、独特の世界観が魅力的です。


でも、よく考えるとタイトル通り、不思議なお話ですよね?
大人になって改めて観ても、まるで夢の中の話みたいに
チンプンカンプンだったりしませんか?


「不思議の国のアリス」は、ルイス・キャロルの小説。
キャロルはもともと作家ではなく、数学者でした。


交流のあった、リデル家の3人の少女たちと
ボート遊びをするのが日課でしたが、
そこで少女たちから物語をせがまれたのが、
アリス誕生のきっかけです。


せがまれるままに、即興で考えて語り聞かせた話なので、
夢のように支離滅裂なのかもしれませんね。


それでいて学者らしく、「チェス」や「言葉遊び」といった
規則的な要素も取り込まれています。



続きは後半で♪


スポンサーリンク







後半はここから♪
↓↓↓↓↓


②原作とディズニー映画の違い

ディズニーのアリスと、キャロルの原作とでは
いくつかの違いがあります。


まず、ディズニー映画では、「不思議の国」だけではなく
続編である「鏡の国」の設定も入っているということ。


たとえば、太った双子の
トゥイードル・ディーとトゥイードル・ダムは、
鏡の国の登場人物です。


ちなみに、鏡の国で有名なタマゴのキャラクターである
「ハンプティ・ダンプティ」は、ディズニー映画には登場しませんね。


また、映画に出てくる「ハートの女王」は、
不思議の国のハートの女王+鏡の国の赤の女王を
足したような感じで描かれています。


ほうき犬は、ディズニー映画オリジナルのキャラですよ♪




スポンサーリンク







【ディズニーfanのオススメ記事】

祝30周年!新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」
http://bit.ly/11aW7oD


ミニーマウスに関するトリビア
http://bit.ly/10TtJbW


ディズニーランドに入れないファッションがある?
http://bit.ly/183s7UF


ディズニーランドに芸能人が行ったらどうなる!?
http://bit.ly/Zd6jDa


ディズニーランドに何度でも行きたくなる理由
http://bit.ly/11aNUkl


ディズニーランドに隠された物語とは?
http://bit.ly/11aNafd


ディズニーシーにはミッキーがいなかった!?
http://bit.ly/11beIHd


シンデレラ城で結婚式ができる!
http://bit.ly/193LkUV


30周年記念グッズはお早めに!
http://bit.ly/11bbEee


今はなき、思い出のアトラクション
http://bit.ly/18fABp3



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
大学の学費

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。